【なんだこれは?】マツダ期間工の公式募集サイトに異変が発生した!?

マツダ期間工の公式サイトに異変

記事上トップリンクバナー

 

皆さんこんにちは!期間工のミカタです!

マツダ期間工の公式募集サイトに異変が発生した!?

さて本日は期間工の求人で今もっとも人気なマツダ期間従業員についての情報です。

ぺったん君
マツダね!

前回のマツダ期間従業員に関する記事では期間工のミカタに来たコメントでとんでもない内容があったので、記事として警鈴を鳴らしました。

【悪用しないで!】期間工とマツダと入社祝い金ぼったくり事件

入社祝い金を狙ったいわゆる「詐欺」をしている方からのコメントなので、既にとある人材会社様に通報しています。

絶対に真似しないでください。

さて本日はそんなマツダの公式サイトに少し変化があったので、重要なポイントと絶対に見るべきポイントを解説します!

マツダの新しい求人ページを徹底解説

ではまず新しいページがどんなものか見てみましょう!

こちらはマツダ期間工の公式求人ページです。

「マツダ期間工」あるいは「マツダ期間社員」と検索するとヒットします。

(画像あり)

下にスクロールすると選考会の日程が表示されます。

マツダ期間工の公式サイト

選考日程の確認・応募はこちら

をクリックすると。。。

マツダ新求人サイト1

ぺったん君
カッコ良いね!

先ほどのサイトとは打って変わって新しくなりました!

けど下の方へスクロールすると、、、あれ?何かがおかしい。。。?

募集要項

ぺったん君
なんかまた募集要項が出てきてるね。。。汗
ぺったん君
それでもって、一番重要な基本賃金の表記が古い待遇のままだね。。汗

(指摘するねー!)

けど賃金の表記などは非常に大事なのできちんとすべきですよね!

求職者の方も賃金や入社祝い金などの金額を見て応募されると思います!

賃金が高い分には良いかもしれませんが、実際の金額より低かったら結構問題ではありませんか?

ぺったん君
それで最後のこれは一体??

マツダ新求人サイト2

(。。。よくわからないのでスルーで行きましょう!)

ということで、マツダ期間工の求人サイトがアップデートされたので見るべきポイントと注意すべき点を徹底的に解説します!

マツダの期間従業員に応募する際に注意すべきポイント

マツダ期間工の待遇はここ2から3年で大きく変化してきました!

特に顕著なのが入社祝い金です。

こちらは現在期間工.jpが掲載するマツダ期間従業員の求人です。(2018年8月)

マツダ期間工-期間工jp

選考参加費は10万円で入社祝い金も合計で35万円の支給があります。

期間工.jpのマツダ求人

それが以前は選考参加費5万円の入社祝い金が25万円でした。

選考参加費は2倍になり、入社祝い金は10万円も上がっています!

入社祝い金に関してはこちらの記事で徹底的に比較しています!

2018年版の最強求人サイトを比較しています。

期間工とマツダと入社祝い金や選考参加費などを比較してみた

入社祝い金の他にも今回の新ページでは注意してみるべきポイントがたくさんあります。

旧ページと新ページで日給の表記が全然違う

まずはこちらの画像をご覧ください。

募集要項

以前からの求人ページと新ページではなぜか日給の額が違います。

他の求人サイトを見ても日給は8,020円からと表記されているのでこちらが正解だと思います。

どうしても不安な方はマツダに直接確認した方が良いと思います!

公式サイトから応募するには3段階のステップを踏む必要がある

まずマツダの公式サイトへアクセスします。

そして選考会日程・応募の項目までスクロールして、選考日程の確認・応募はこちら

のボタンを押します。

そうすると新しいサイトが出てきます。

その新しいサイトでさらに面接を受ける地域を選びます。

地域を選んで始めて面接会場が選べます。

ぺったん君
ふウゥゥ。

。。。単純に普通の求人サイトから応募した方が現状わかりやすいと思います。

マツダ期間工を募集する求人サイト

では申し込みやすい求人サイトをご紹介します!

ちなみに、すでに入社祝い金を基準にマツダ期間工を募集する求人サイトを比較した記事を作成しております。

こちらではマツダ期間工の入社祝い金を徹底的に比較していて、どのサイトよりもわかりやすく解説しています。

マツダ期間工の入社祝い金に興味のある方はこちらをご参照ください!

期間工とマツダと入社祝い金や選考参加費などを比較してみた

期間従業員公式サーチ

マツダ期間工-期間従業員公式サーチ

こちらは期間従業員公式サーチが掲載するマツダ期間工の求人です。

入社祝い金は40万円を支給している。

かつ面接会場までの交通費を申請すれば2万円まで負担してくれるサービスを行っている。

LINE@での問い合わせ受付など新しい仕組みをどんどん取り入れている会社なので、採用にとてつもない力を入れている点は応募するにあたっても安心できますね!

応募へ

期間工.jp

マツダ期間工-期間工jp

期間工.jpは期間従業員を採用する会社の中でも最大手の企業です。

先ほどの例でも出しましたが入社祝い金は45万円を提示している。(選考参加費も含む)

しかし金額につられず自分が働いてみたいメーカーの仕事を選びましょう!

応募するとアウトソーシングの事業所で面接を受けることになるので、その際に相談や質問をいろいろとしてみましょう!

はたらくヨロコビ

はたらくヨロコビは期間工.jpと運営元が同じの株式会社アウトソーシングが管理しています。

運営元が同じでも入社祝い金が違うこともあります。

しかしマツダ期間工の求人では入社祝い金は同じようですね。(総計45万円)

【比較あり】日産期間工の入社祝い金が超進化!一番の求人サイトはどれだ

例えばこちらの日産期間工の入社祝い金では若干ですが待遇が異なります。

ぜひ参考にしてみてください!

日総工産

日総工産-マツダ期間工

日総工産も大手の人材会社です。

入社祝い金は同じく45万円のようですね。

MantoMan株式会社

mantoman-マツダ期間工

こちらも入社祝い金45万円を掲げる人材会社のMantoMan株式会社です。

マツダ以外にもスバルやトヨタなど数多くの期間工の求人を扱っていて、積極的に採用を行っています。

日研トータルソーシング

日研-マツダ期間工

日研トータルソーシングの大手企業です。

マツダ期間従業員の募集を行っていますが、入社祝い金は30万円で他の求人サイトと比較すると10万円以上低い金額です。

まとめ

以上がマツダ期間工の公式サイトが若干アップデートされた情報でした。

今の段階では応募までのプロセスが煩雑すぎるので、求人サイトから応募した方が手軽ですね!

それでは本日も良い1日を!

レビュー評価をよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です