【入社祝い金比較】日野の期間工になるのに最強の求人サイトがございます 5/5 (1)

日野期間工の入社祝い金比較

 

みなさんこんにちは期間工のミカタです!

日野の期間工になるのに最強の求人サイトを入社祝い金を比較します

さて本日は前回に引き続き求人の入社祝い金を比較したいと思います。

今回のメーカーは日野自動車です!

前回はアイシンAW期間工の入社祝い金を徹底的に比較しました。

【入社祝い金比較】アイシンAWの期間工になる最強の求人サイトを教えます

日野期間工の人気理由と特徴

では日野期間工の入社祝い金について比較する前に日野の特徴を簡単に解説します。

詳細はこちらの記事をご覧ください

期間工と日野と基本情報

東京都で働けるチャンスがある

東京お台場

日野期間工の最大の特徴はズバリ東京に工場があることです。

しかし2020年までに現在日野市にある本社工場を閉鎖して全ての工場機能を茨城県の古賀工場に移すようです。

東京にあるもう一つの羽村工場は残るようなので、まだまだ大丈夫です。

羽村工場や日野工場の周辺はどんな環境なのかを知りたい方は寮の情報も大量の画像付きであります。

茨城の古河工場は超新しい工場で住みやすい働きやすい

期間工の工場

先ほどもお伝えした通り、日野自動車は現在の本社工場(日野工場)の機能を2020年までには全て古河工場に移すようです。

この取り組みは2016年から始まっていて、トラックを製造、管理する機械などは一部古河工場に移っているようです。

しかし工場のみを移転して本社の正社員は引き続き日野工場で働くようです。

工場自体が新しいので、空調設備や労働環境などは新しく働きやすい職場になっているようです。

求人サイトの入社祝い金を比較しました

では実際に本記事の趣旨である入社祝い金の比較をしていきましょう。

期間工のミカタでは今回の比較以外にもトヨタ自動車九州や日産車体九州の入社祝い金を他のサイトではできないくらいに比較しています

【鬼比較】期間工とトヨタ自動車九州の入社祝い金が半端ないって!

【入社祝い金比較】日産車体九州の期間工になるのに最強の求人サイトを発表します

入社祝い金についてはこちらのカテゴリーに全て詰まっています。

入社祝い金の記事カテゴリー

各求人サイトの入社祝い金と時給一覧表

ここで比較する求人サイトの条件は「リスティング広告を実施している」あるいは「日野 期間工」や「日野 期間工 求人」で2ページ以内に表示されるかどうかです。

3ページ目以降に表示される求人はすでに募集を辞めているか、採用に力を入れていないと判断しています。

各社によって大きく入社祝い金にばらつきがあります。

求人サイト 入社祝い金 日給(時給)
期間工.jp 3万円 日給10,000円
MantoMan株式会社 0円 日給10,000円
テクノスマイル-直接雇用 10万円 日給10,000円
テクノスマイル-無期雇用 20万円 *条件あり 基本給21万5,000円プラス残業代など
日総工産-直接雇用 0円 日給10,000円
日総工産-派遣 0円 1,700円(固定)
日総工産-無期雇用派遣 20万円 基本給235,000円
シーデーピー QUOカード1万円 日給10,000円
株式会社平山-無期雇用派遣 0円 1,700円(固定)

表で一覧にすると直接雇用と派遣の求人で大きく待遇が異なります。

1つずつ求人サイトを比較していきます。

期間工.jp

期間工jpー-日野期間工の入社祝い金

まずは期間従業員の採用では数多くの求職者をメーカーへと紹介している期間工.jp。

入社祝い金は8万円は他のサイトと比較してやはり高いです。

入社祝い金の内訳は選考参加費などを含まずに8万円のようです。

しかし内5万円は日野自動車側からの支給で3万円分を期間工.jpから支給するようです。

期間工.jpが募集する他の求人では選考参加費と言って合否にかかわらずメーカーの面接に参加したらお金がもらえる仕組みになっています。

期間工とマツダと入社祝い金や選考参加費などを比較してみた

こちらがその例のマツダ期間工の入社祝い金比較記事です。

MantoMan株式会社

mantoman-日野期間工の入社祝い金比較

MantoMan株式会社も何度もご紹介している求人サイトです。

日野期間工の求人では5万円の入社祝い金を提示しています。

(入社祝い金は日野自動車からの支給でMantoMan株式会社からの支給ではありません。)

密なコミュニケーションをとってくれて求職者と一緒に仕事を探してくれる企業です!

テクノスマイル

テクノスマイル-日野期間工の入社祝い金

テクノスマイルは期間工の採用というより九州を中心とした人材の採用を行っている会社です。

以前はトヨタ自動車九州期間工の入社祝い金を比較した記事でご紹介しました。

【鬼比較】期間工とトヨタ自動車九州の入社祝い金が半端ないって!

東京にある日野期間工の求人も募集しています。

そしてテクノスマイルには「日野自動車の直接雇用」と「テクノスマイルの無期雇用派遣」の2種類が選べます

直接雇用と派遣と無期雇用の違いはこちらの記事でどのサイトよりも丁寧に比較しています。

直接雇用の期間工と派遣社員の違いとは?

まず直接雇用の場合、違いとしては入社祝い金が15万円支給されます。

(内5万円は日野自動車からの支給)

支給の方法は1ヶ月ごとに5万円ずつで,3ヶ月間の給与ごとに5万円の支給があります。

一方無期雇用派遣の場合、テクノスマイルの社員となるので入社祝い金は支給されません。

その代わり入社祝い金のようなもので、特別手当が最大20万円支給されるようです。

しかしこれは働き始めて4から5ヶ月目で10万円ずつ支給されるようなので、3ヶ月のみ働きたいという方には不向きの雇用形態です。

無期雇用は直接雇用と同じく報奨金(3ヶ月ごと)も支給されるし、年間を通して働けば慰労金も出るので長期で働きたい方向けです。

日総工産-直接雇用

日総工産-日野期間工の入社祝い金

そしてこちらは日総工産が募集する日野期間工の求人です。

まず最初に日総工産は大きく分けて3種類の雇用形態で募集をかけています。

まずこちらでは「直接雇用」での求人を解説します。

直接雇用の場合、入社祝い金の支給は0円。

面接会場や口コミなどで応募する会社を選ぶのも良い選択だと思います。

他の待遇は期間工.jpなど直接雇用の募集要項と同じです。

日総工産-派遣

日総工産派遣-日野期間工の入社祝い金

そして次は「派遣」の求人です。

日総工産の派遣は時給1,700円で固定です。

時給が高いため入社祝い金の支給はありません。

では直接雇用で高時給の求人はないのか?

あります。

期間工と公式求人とトヨタ紡織

こちらのトヨタ紡織の期間工なら直接雇用で時給1,700円を提示しています。

1年目は時給1,600円ですが2年目には1,650円で3年目に1,700にランクアップします。

トヨタの直接雇用でこれだけ時給が高い求人はなかなかありません。

日総工産-無期雇用派遣

日総工産無期雇用派遣-日野期間工の入社祝い金

そして日総工産の「無期雇用派遣」の求人。

これは派遣と同じく日総工産の派遣社員として働くことになります。

派遣法が改訂されてから5年が立った今、雇用している派遣労働者をメーカーが正社員にしなければならないタイミングが来ている。

その変わり人材会社が派遣社員を代わりに雇いますよ!というのが無期雇用派遣。

詳しくはこちらをご覧ください。

入社祝い金は20万円の支給です!

賞与も2回ついてきますし、寮費も1万円だけ補助してくれるようです。

シーデーピージャパン

シーデーピー-日野期間工の入社祝い金

シーデーピージャパンは栃木県に本社を持つ会社で関東圏を中心に人材の採用を行っています。

日野自動車の求人ではQUOカードを1万円分支給しているようです。

株式会社平山

株式会社平山-日野期間工の入社祝い金

こちらは期間工のミカタでも始めてご紹介する会社の株式会社平山です。

正社員と書かれていますが、正確には「無期雇用派遣」です。

時給は1,700円と日総工産の派遣と一緒です。

紹介しているのは東京の羽村工場で今なら寮費が3ヶ月無料のようです。

あまりご存知ない会社かもしれませんが、ジャスダックに上場している大きな会社です。

まとめ-期間工のミカタ厳選求人サイト

以上が日野期間工を募集する求人サイトの解説と入社祝い金についてでした!

ちょっと長くなってしまいましたが、比較してみると「どのサイトが入社祝い金が高くて」「どのサイトが採用に力を入れていない」ことが一目瞭然になると思います。

直接雇用

直接雇用はメーカーに雇用されるので突発的な派遣切りなどもなく安心して働けます。

一生懸命働いていれば「日野自動車の正社員」になれる可能性もあります。

ここでお勧めしたいのが期間工.jpあるいはMantoMan株式会社です。

リスティング広告も多く見受けられ、期間従業員の採用に力を入れているので、正確なアドバイスもしてくれるはずです。

派遣

派遣では日野自動車の場合、日総工産のみが募集をかけています。

しかし日野期間工の派遣として働いていれば無期雇用派遣へ推薦されることも可能性として高いです。

無期雇用派遣

多くの求人サイトでは正社員と記載してありますが、厳密には無期雇用派遣です。

無期雇用派遣はテクノスマイル、日総工産そして株式会社平山で募集がされています。

入社祝い金と基本給の額面をみれば日総工産が他のサイトと比べて一歩リードしているといったところです。

覚えておいていただきたいのは無期雇用派遣は人材会社の派遣社員として働くということです。

なので、相性の良い会社の派遣社員にならないと色々とストレスがたまると思うので無期雇用派遣になる際はしっかりと会社を選んでみてください!

本日は以上となります。

それでは本日も良い1日を!

レビュー評価をよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です