期間工と志望動機と就業前に必ず知るべきこと

期間工と仕事と志望動機

皆さんこんにちは。期間工のミカタです。
期間工の皆さんは映画はお好きですか?
私は最近ジュマンジというコメディー映画を観に行きました。
最高に面白くてもう一度、最近無意識に「ジュマンジ」「ジュマンジ」と言っているようです。(某友人情報。)
そんなコメディー映画ですが、実は映画にはとてもつもない効果があったようです。
アメリカの大学が研究した結果です。
結論はコメディー映画を見ると血行が良くなるとのことです。血行が良くなれば、疲れにくくなりますし中年の方には病気を防ぐ要因にもなります。
笑えば、気分も上がりますよね!
ジュマンジはとっても面白いコメディー映画なのでおすすめです!
それでは本日も血流maxな情報をお届けします。

期間工と志望動機と就業前に必ず知るべきこと

さて本日は期間工としてはたらく前に準備しておきたい志望動機と必ず知るべきことについてです。
この記事の目的としては「ちょっと期間工という仕事やってみたいけど続けられる根拠もないし、そもそも始める目的とか目標なんてないよ」という方をサポートすることです。
つまりこの記事を読んで、ご自身が納得して就業する理由を作れれば期間工としてきちんと就業できるということです。
またすでにご自身で期間工として就業する目的があり、その会社ではたらく動機をきちんと言えればこちらの記事は読む必要はありません。
なぜ就業前に知るべきことがあるかと申しますと、「途中でドロップアウトする人が多い」ことが背景として挙げられます。
なぜ途中でドロップアウトする人が多いかというと理由はいくつかありますが本質的な理由は、「目的・目標がない」からです。
期間工として働く方々の動機として短期間でお金を多く稼げることが主な動機として挙げられます。
なぜならそれが期間工の最大の特徴だからです。
しかしその分夜勤があったり単純作業がひたすら続いたりなど人によっては「辛さ」がその後の見返り(給与)を上回って感じてしまう方がいて途中で辞めてしまいます。
期間工として働く動機03
しかし働く強い目的や強い目標があれば人は頑張れるので途中で辞めたりする確率は低くなります。
なので、働く前に作っておくべき目標や目的を明確にしたうえで、期間工として就業すれば、途中で起こる「辞めたくなる気分」に対しても乗り切れるからです。
たとえるのであれば、山道を登るのに途中で「オレなんで山なんか上ってるんだ?」「辛いわ。やめて引き返そうかな~」
期間工として働く動機01
と思っても、山の頂上に「ガッキーが登り切ったご褒美にハグしてくれるために待ってる」なら頑張れますよね!
 期間工として働く動機02
このガッキーにハグしてもらうため(目的)に山を登り切る(目標)をきちんと作って働いたほうが良いですよ~というお話です。
(例えがわかりずらくてすいません。)
目的、目標は自分がかなえたいという願望なら何でもよいです。
例えば「正社員になるためにトヨタで3年期間従業員として働く」とか「海外暮らしをするためにお金を5000万円貯める」などなんでも大丈夫です。
しかし、せっかくお金を稼ぐのであれば、数値としての目標とそのお金を稼いで、何をなしたいのかという目的(願望)があったほうが良いですね。
そのうえで実際に期間工として就業するメーカー(会社)を決めていきましょう。

期間従業員として就業するメーカーを選ぶ基準

目的目標が決まったら次は会社選びです。
基本的な情報は期間工のミカタに掲載してある記事をご参照いただければと思います。
ここでは期間従業員として働く会社を選ぶ軸を決めましょう。
軸とは強い動機のことです。
先ほどの「ガッキーが待っている山登り」に例えるのであれば、会社選びは山選びで軸とは「なぜその山にするのか?」です。
 期間工として働く動機04
例を挙げると
ワイ: 「エベレストに登ったるわ」(会社選び)」
         「理由は簡単。家から徒歩5分やからです。」(軸)
まぁこんなところです。他にもエベレストはキレイだから。知り合いが今登ってるから。など理由はいくつかあっても、一番強い動機として徒歩5分でエベレストのふもとに着くからが一番強い動機ならばこれが軸となります。
期間工の面接で例えるなら

面接の事例1

ワイ:「アジアが発展する前に向こうでビジネスを始めるために、300万円を3年間で貯めるために働きたいです。」  (目的、目標)
         「御社を選んだ理由は就業期間が長くなればなるほど満了慰労金の支給額が増え、途中つらくなった時でも自分自身へのモチベーションとなると思ったからです」(軸)
この例では、目的は海外でのビジネスを始めること。目標は3年間で300万円を貯めること。そのために会社選びの軸は「満了慰労金の仕組み」です。こちらの会社では期間工として就業した場合、勤続年数が増えれば増えるほど、支給される金額が上がる仕組みなのを知っています。契約更新のたびに一定の金額を支給されるよりも、徐々に支給金額を増やしてもらったほうが自分がモチベーションが上がることをわかっており、そのシステムを利用して就業しようという軸(動機)があります。
あくまで一例なので、参考程度にご参照ください。
しかし首尾一貫した理由があれば、面接にも通りやすくなることはもちろん、自分が途中でやめたくなる時に、それを潜在意識ストップしてくれます。
例えば「今日は疲れた~。このままベットで寝よ~。あっ、歯磨きまだだった。まぁ一日くらいいっか。でも前も虫歯になったとき、治療費3万円くらいもっていかれたなぁ~。3日分の給与か。なら今15分我慢して磨くか。」
といったように、何か面倒なことがあったり、気分になったりしても、強い理由、動機があればどの人間も自然と行動しているものなのです。
なので、次はその強い動機(軸)を作るための例を一緒に見ていきましょう。

期間工になる軸が待遇の場合

期間工として働く場合強い動機(軸)となるのが最も多いのが待遇です。
しかし、それでOKです。もともと期間工という仕事は最大の就業期間が決まっており、限られた期間の中で労働に対する給与を得るものです。

面接の事例2

例えば待遇で言うならば「父が病気になってしまい、治療費を稼ぐために働きます。御社の場合計算したら2年で150万円は貯められるので、待遇が良い御社を志望しました。
この場合、目的は父の治療費を稼ぐため。
目標は2年で150万円を貯めること。
動機(軸)は待遇。
というプロセスです。
プラスアルファとして「今働いてる派遣の仕事では効率的に資金を稼げないので」と加えるとよいと思います。

期間工になる軸が立地の場合

立地が動機の場合、背景にあるのは大きく分けて2つ理由があると思います。
1. 志望している期間工の工場が今住んでいるところから近い
2. その土地に良いイメージがある。
1に関しては明白です。
家から近くて、通いやすく寮にも入る必要がないからです。
2に関しては例えば日産九州の期間工として働きたい場合、中洲が近いからであったり、博多は美人が多いからなどが動機です。
当然面接では使えませんが、例えば「以前旅行で来たときとても住みやすい場所でリラックスできて安心して働ける。」などでしょうか。

期間工になるために志望動機例3

立地が軸での面接で回答するのであれば、

ワイ: 「将来的にはこの土地で暮らしたいと考えています。なので、地域に根付いた企業で働きたいと考えております。暮らすための生活費を200万円前後稼ぐために志望しました。」

 

このケースの場合、目的が将来その地域で暮らす。

目標が200万円稼ぐこと。

そして動機がその土地に根付いている名声高い会社の工場で働きたいから。

期間工になる軸が会社の場合

会社が期間工になる理由はいくつかあります。
一つは正社員登用です。
メーカーによって正社員登用に力をいれている会社そうでない会社が現在では明確に分かれています。
調べ方は簡単で、単純に「求人に正社員登用の実績があるかないか」です。
正社員登用を実施の会社は現状少ないので、求人の差別化をするために実績がある会社は求人に掲載しますし、そうでない会社はしません。(一部、実績を公表できないだけの企業もあります。)

期間工になるために志望動機例4

なので、会社を軸にする場合は正社員登用させることを目的に3年間工場の現場で働き、その後正社員登用試験を受けて正社員になるために御社を志望しています。
といえば筋が通ります。
しかし今の過程では動機(軸)を先に決めて目的目標を設定しています。本来なら、目的と目標を先に決めるものなので注意してください。
例ととしていくつか目的、目標そして動機(軸)を上げましたがあくまで参考程度にしていただければと思います。
いかがだったでしょうか?
目的目標を持つと、けっこう人間変わるものです。特に家族や家庭などをお持ちの方は特に意識をもっていただければ幸いです。
ちなみに再度おつたえるするとこの記事の目的は「目的目標なんてない」「どう考えたらよいかわからない」「働く理由なんてないないけど、何か作りたい」など悩んでいてもちょっと前に進もうとしている方々をサポートすることです。
目標をこの記事を読んでいただき「とても参考になった」と言ってもらえることです。
本日の情報は以上となります。
それではみなさん。本日も良い一日を!

レビュー評価をよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です