期間工のミカタ人気キャラのぺったん君のラインスタンプをパワポで作りました

記事上トップリンクバナー

 

皆さんこんにちは!期間工のミカタです!

期間工のミカタがぺったん君のラインスタンプをパワポで作りました

本日は期間工に関する求人情報とかではないのですが、皆さんにぜひお伝えしたいことがあります!

なんと期間工のミカタのマスコットキャラであるぺったん君がLINEスタンプになりました!

ぺったん君
どうもぺったんです!

(↑コイツですww)

この度期間工のミカタのマスコットキャラであるぺったんがラインスタンプになりました。

LINE-ぺったん君ページ

おそらく期間工関連の企業やブログでこんなパロディーをやっているのは期間工のミカタくらいですw

ぺったん君
きたー一番乗り!

そもそもぺったん君って誰よ?

期間工のミカタをいつも見てくださっている方やコメントをくださる方はご存知かもしれません。

しかし初めて見る方やたまーに見るという方はあまりご存知ないかもしれませんのでこの度はぺったん君をご紹介させていただければと思います。

ぺったん君
皆さんどうも初めましてぺったんと申します。

(いやいや待て待て。そんな真面目キャラじゃないでしょwww)

ぺったん君
どうも皆さん初めまして!(こっちのキャラ?)

(そう。そっちw)

ぺったん君
車のボディーパーツから生まれたぺったんと申します!構成成分は炭素繊維20%。アルミ20%。鉄40%と残りの20%は知りませーん!

(やべーなこれキャラが崩壊してるww)

ぺったん君
期間工の方々を応援するために生まれたキャラクターでもあるのでよろしくお願いです!

はいよろしくね。

ぺったん君
そしてこの度僕がラインスタンプになったよ!みんなよろしくね!
ぺったん君
だけど業者とかデザイナーに依頼したわけじゃなくて、期間工のミカタの中の人がパワーポイントで作ったよww

(業者とかいうなww)

ぺったん君
図形を組み合わせて作るだけなので超簡単!あとでみんなにも作り方を教えます!

LINEスタンプはパワポで作れる!

はいということで期間工のミカタはぺったん君のLINEスタンプをパワポだけで作りました。

フォトショップやイラストレーターなどの小難しいツールは一切使っておりません。

ここで「副業」という意味も込めて期間工の方々へLINEスタンプの作り方を伝授いたします!

とにかく図形を組み合わせてみよう!

一時期はLINEスタンプが超人気でたくさんのクリエイターがスタンプを作っていたようです。

しかし今では1%くらいの人気クリエイターが何十万円も売り上げを作れていますが、他の99%は数円。あるいは数万円程度の収益しかないようです。

期間工のミカタでも収益目的ではなく、単なる「作ってみたい!」って想いから作っているので遊び心でやっていますw

なので今回も持っているツールのパワーポイントで作成をしてみました。

1最終形をどうしたいかを考える

まず手を動かしてみるのも良いですが、最初に考えるのは「どのようなキャラを作りたいか」を考えることです。

例えば「簡単で楽そうなキャラで良い」っていうならパワポでいけます。

しかし「可愛くて動きのあるスタンプを作りたい!」って言うならパワポだと難しいかもしれません。

今回はパワポでも作れる簡単なキャラの作り方をレクチャーしていきます。

作る表情とキャラはこちら!

こんなビビっているぺったん君を作っていきます!

2まずは図形をとりあえず表示してみる

上記のキャラはパワポの基本ツールである図形だけでいけます。

まずは図形で胴体部分を作っていきましょう!

 

(これを作ります。)

図形のボタンを押してパワポに表示します。

パワポのデフォルト設定では図形は青いのでそれを「グレー」に変えてみます。

これで胴体は完成です。

(早いでしょ?ww)

3完成形までのLINEスタンプ作成の過程(画像でレクチャー)

次に両腕と両足を作っていきます!

 

(完成形はこちら)

これもまた先ほどの図形から作れます。

ここでは「線」でも良いですし、「長方形」でも良いです。

とにかく長細い棒状のものを選択して思いっきり補足します。

(図形の大きな調整はドラックで操作できますが、できない場合は図形を選択した状態で右クリックして「図形の書式設定」で太さなどを調節してみてください!)

そしたら次に目と眉を作成していきます。

完成形はこちら。

残りラストです。

まずは目を作成していきます。

目は「円形」の図形を2つ使って作ります。

まずは外側の線が黒くて中が白い方の円を作成。

そしたら先ほど作った円よりもさらに小さい円形を作り、全部真っ黒にします。

それを組み合わせて並べれば目ができます。

大きな方の目が上にきてしまうという方は「整列」のオブジェクトの並び替え→「最背面へ移動」でどちらを上に表示するかを調整してみてください!(これ結構使います。)

もう一つの目も同じ要領で作成します。

そして眉に関しては図形の「円弧」を利用します。

思いっきりサイズを小さくして黒カラーへ変更。

さらに、向きなどを調整すれば完成です!

そして縦ラインの水色3本線はここまでくればどのように作成するかもうお分かりなのではないでしょうか?

線を選択してそれを縦にするだけ。あとは「最前面に表示」をすればOKです!

上記の通りにやればこんな感じのスタンプが出来上がります!

これをLINEスタンプは横370px,縦320pxに表示します。

なぜかパワーポイントの場合ピクセルではなくセンチでの表示になってしまうので、変換する必要があります。

それはこちらのcanvaで行いました!

他のやり方もたくさんあると思いますが、期間工のミカタではcanvaでww

canvaは画像サイズをあらかじめ決定した上で画像を作成、編集ができます。

なのでとりあえず先ほど作成したぺったん君をpngで保存しておきます。

パワポ–ファイル→エクスポート→ファイル形式をpngで選択→保存→canvaへアップロード

この流れで作成していきます。

そして画像のサイズを調整していきます。

他のLINEスタンプブログを見ていると余白を10pxくらい残した方が良いとかなんとか。

10pxがどのくらいか不明だったのでギリギリにならない程度に余白を開けておきました。

そしたらpngで保存をします!

ラストの透過処理!

そしたらいよいよラストの透過処理です。

ここさえ終わればもう自分のラインスタンプができたも同然です。

透過もmacユーザーの方は非常に簡単にできます。

画像を表示して、右上のカバンみたいなアイコンをクリックします。

そしたら左のステッキみたいなアイコンをクリックして白抜きしたいパーツのみを選択あとはエンターor切り取りで白抜きが完成ですww

これは超簡単なのでぜひmacユーザーの方はやってみてください!

windowsユーザーの方は外部ツールを使いましょう。

僕は「手軽に透明png」というツールを使いました。

これで白い部分をどんどん消していきます。

残るは申請

同じ要領でスタンプをいくつか作成していきます。

8種類から申請可能なので、とりあえず作ってみたいという方は申請してみるのもありだと思います。

そしたらいよいよこちらのLINEクリエイターズマーケットヘ

申請はzipで行います。

また英語での紹介文が必要なので準備をしておきましょう!

ちなみに、期間工のミカタの説明文はこんな感じですw

期間工のミカタ-lineスタンプ

ぺったん君
僕の英語の名前ってcar boy manなの?

(自動車部品から生まれた子ってことでとりあえずcar boy manって思いつきましたw)

名前とキャラが一致していないくてもいけるみたいですねww

そしたら最後に申請のボタンを押せば審査をしてくれます。

申請から販売までかかった期間

申請すると「審査待ち」というステータスになります。

その後1日経ったらすぐに「審査中」に変わりました。

しかしなんと3日後くらいにリジェクト通知がきました。

一度はリジェクトされました

さてラインスタンプを作成したことがある方なら半分くらいの方が経験している「リジェクト」。

一体全体どんな理由でリジェクトされたというのでしょうか?

LINE Creators Marketをご利用いただき、ありがとうございます。

申請されたスタンプは、以下の審査ガイドラインの項目に該当いたします。

対象:スタンプ全体

5.4.権利者からの許諾が証明できないもの

申請いただいたスタンプと、ご登録いただいた支払情報(期間工のミカタ様)を一致させる情報が確認できませんでした。

恐れ入りますが、今回のクリエイターズスタンプについて商品化の権利許諾が確認できる書類を添付のうえ、再度リクエストをお願いいたします。

なんじゃこれ?

ぺったん君
なんだこれは?

要はぺったん君が期間工のミカタが所有しているものかどうかを証明するものがないということだそうです。

そんなのどうやって証明すれば良いって感じですよね?

でも大丈夫!

証明する方法はこーんな簡単な方法で良いみたいです!

ツイッターの管理画面のスクショを撮って送れば完璧!

期間工のミカタの管理画面やらを画像にして管理画面の「メッセージセンター」を通じて送りました。

その後再度申請をします。

そしたらなんやかんやで10日くらいで審査がおり販売開始できました!!

作るのにかかった日数

今回は短期集中で作成しました。

作るのにかかった日数はこんな感じです。

デザイン(1時間)→パッと思いついたもの

パワポで作成(2日。1日約4時間くらい。)

サイズ変更と調整。透過処理(3時間)

合計2日半

早い人はもっと早くできますし、デザインが決まっていればさらに早くなります。

期間工のミカタではとにかく思いついたものを作っていくというスタンスで作成したらできましたw

表情などは「悲しい キャラ イラスト」などで検索して画像を参考にしました。

以上がパワポでラインスタンプの作成の手順と方法でした!

LINE-ぺったん君ページ

ぺったん君をぜひ宜しくお願いします!

期間工の人はぜひ使ってみてください!

今回作成したLINEスタンプを一気にご紹介!

今回作成したのは全32種類。

LINEスタンプは8,16,24,32,40と8の倍数ごとに作れるラインスタンプの数が決まっています。

本当は40種類作りたかったのですが、今回は初めてということもあり32種類で留めておきました。

また人気が出れば第二弾をしようと思います。

正方形-キター

 

立体形-キター

これもキター!バージョンですが、ほぼ同じですwww

パワポの図形が正方形か立体形かの違いです。

あと黒くて不規則な腕ですが、立体形の方は腕が前面に出ています。

期間工のミカタの記事にちょいちょい登場するのでよろしくお願いいたします!

それでは本日も良い1日を!

5/5 (2)

レビュー評価をよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です