公式サイトから応募-人材紹介会社から応募-派遣会社から応募の違い

人材会社からの応募

人材会社からの応募とは「人材会社のサポートの元求人に応募する」ということです。

応募の流れはまず人材会社へ行き面接を受けます。

合否が出たら次に就業先企業の面接を受けます。

つまり受ける面接は2回あります。

公式からの応募と違う点は「就業まで人材会社のサポーターがついてくれること」

履歴書の添削や,面接でのマナー,身だしなみなどを指導してくれます。

それに加えて,好条件の求人があれば教えてくれたりもします。

仮に面接に合格できなくても就業意欲があれば別の求人を紹介してくれます。

期間従業員の求人サイトは期間工jp,工場求人ナビ,matoman,期間工求人ナビなどがあります。

派遣会社からの応募

派遣会社からの応募

派遣会社からの応募は公式からの応募や人材会社からの応募と大きく異なる点があります。

それは雇用先の違いです。

通常は直接雇用といい,就業先の企業と雇用契約を結びます。

しかし派遣会社からの応募は「派遣会社との雇用契約」となります。

つまり,他の雇用形態と待遇が異なります

通常では派遣の方が直接雇用より待遇が良いので多く稼げます。

しかし,就業期間が直接雇用と異なっていたり仕事内容が派遣社員と直接雇用の社員で異なる場合があります。(就業先による。基本的には同じ作業)

派遣の期間従業員を募集するサイトはPEOが該当します。

まとめ

以下が,公式サイトからの応募,人材会社からの応募,派遣会社からの応募のメリット,デメリットとなります。

メリット デメリット
公式サイト応募(各企業応募サイト,期間従業員公式サーチ) 複数の企業に同時に応募ができる

就業までの期間が短縮される

人材会社と比較してサポートが手薄い

(別途,LINE@,メールなどの相談サービスあり)

人材会社応募(期間工jp.工場求人ナビ,mantoman,日研トータルソーシング) アドバイザーが就業までサポートしてくれる

好条件求人があれば紹介してくれる

面接が2回あるため就業までが長くなる場合がある

(面接前にもサポートがつく)

派遣会社応募(PEOなど) 公式応募,人材会社からの応募と比較して給与が高い 雇用期間が突然終了することもある

レビュー評価をよろしくお願いします