Currently set to Index
Currently set to Follow

【コロナ収束で8月募集開始予想】緊急事態宣言解除後に期間工の募集再開目処が立った!?

記事上トップリンクバナー

皆さんこんにちは!期間工のミカタです!

この記事がオススメな人
  • コロナウィルスに関する期間工の現場の状況
  • 期間工の募集がいつ再開するのかを少しでも把握したい方
  • 今後の期間工の募集状況や期間工になるための対策

以上3つを知りたい方にオススメの記事です!

ぺったん君
ホント、コロナウィルスってなんなんだ。。。
中の人
歴史の教科書に載るレベルの災害だね。。
ぺったん君
自粛しすぎてもはや家から出たくないわ。
中の人
その気持ちは確かにわかる。
ぺったん君
ちょっとラーメン食べたいから、でかけてくるわ
中の人
記憶の保持時間3秒か!!(今、出たくないって言ったろww)

緊急事態宣言が解除されたが期間工へのダメージは甚大

緊急事態宣言が解除されたけれども、期間工の募集や今後ってどうなるの?と疑問に思っている方も多いと思います。

なので本日はコロナウィルスによる「期間工の現状」や「今後期間工の採用や仕事ってどうなるのか?」について解説していきます。

5/27時点ではほとんどの自動車メーカーの工場がストップ、あるいは生産ラインを一部停止しています。

つまり、車を作る作業自体がストップしているので、仕事がありません。

当然仕事がないということは、働く人も多くは待ちぼうけになってしまう状態です。

現職の期間工の方も相当のダメージ

それ故に、もともとコロナウィルスの影響で緊急事態宣言が発令される前から期間工だった方も、「出勤停止」「夜勤なし」「残業なし」「契約更新なし」などの対応に迫られています。

つまり、仕事がないので、働く時間も短くなり、収入が減っています。

また元々、2年11ヶ月満了しようと考えていた方も途中で契約更新なしと言われている事例もあります。

期間工の特徴である「短期でがっつり稼げる」が裏目にでて「短期で少ししか稼げない」状態になっています。。。

世界的に被害を及ぼしているため日本の経済が戻ればよいというわけではない

日本では緊急事態宣言が解除されて、徐々に経済活動再開の見込みが出てきました。

しかしながら、日本でコロナが収束すれば日本の経済が元通りになり期間工の採用も復活するというわけではありません。

なぜかというと、今や日本のメーカーの殆どが海外と取引をしていて海外への販売で売上を立てているからです。

(参照:トヨタ 財務データ)

こちらは2019年のトヨタの地域別販売台数比率を表したグラフです。

つまり「どの地域でトヨタの車って売れているの?」を表しています。

表を観ると日本で売れているのは全体の24.8%程度で、他はアジアや北米、ヨーロッパなどが占めています。

つまり言いたいことは「海外の経済が復活しないと、トヨタ車が売れないので、生産台数は上がらないし期間工の採用も加速しない可能性が高い」ってことです!

コロナ収束の目処が立って緊急事態宣言が解除されても期間工って今後どうなるのか?

じゃあ「期間工って今後どうなるの?」「期間工の募集っていつから始まるの?」など今後期間工の募集や働き方について疑問に思っている方も多いと思います。

これについて、期間工のミカタ独自の仮説を立ててみました。

*これはあくまで仮説なので、必ずしもこうなるとはわかりません。

再開が遅くなるかもしれませんし、早くなる可能性もあります。

8月頃に本格的に期間工の募集を再開すると予想

期間工のミカタ独自の予想では「期間工の募集は8月に本格再開する」と考えています!

理由としては日本政府は8月1日から経済活動が本格的に再開すると言っています。

また現在日本政府が経済支援対策とドバドバと投じているので、経済再開の後押しをしています。

また後ほど説明しますが、トヨタも8月には国内の減産体制を1割減程度と見込んでいるようです。

なので、大手の自動車メーカーも政府の方針に準拠して8月から本格的に自動車の生産を再開すると考えています。

当然、工場が動き出せば現場で働く期間工の方々の力が必要なので、期間工の採用活動も再開すると考えています。

現状稼働している工場も「夜勤はなし」「残業なし」のメーカーがほとんどですが、8月以降は徐々に稼働時間も増えるので夜勤や残業も復活して、稼げる金額も増えると予想します。

トヨタが募集を再開すればホンダや日産なども期間工の採用を再開する!?

これもまた期間工のミカタの仮説ですが、トヨタが工場の稼働再開や期間工の採用を再開すれば、他のメーカーもこぞって動き出すのではと考えています。

理由としては過去様々な事象に対してトヨタはファーストペンギンとして第一陣を走ってきたからです。(アジャイル式の生産方式やジャストインタイムの概念など)

また5/26の記事で「トヨタ、8月の国内減産幅1割に 6月底に回復軌道へ」という内容の記事が出ておりました。

トヨタも6,7月に徐々に生産を再開させて、車の生産を8月に本格稼働させる準備を今しています。

なので、お伝えしたいことは「期間工の募集再開を待っている人はトヨタの動きに注目しておいてほしい」ということです

安心してほしいのはいずれ期間工の募集は必ず再開する!

いずれにしても世界各国が経済再開に向けて、対応を講じています。

特にワクチン開発には全力を注いでおり、ワクチンさえできてしまえば対処ができるので完全に人類の勝利です。

なので、車という生活の手段を世界では必要としているので、車の生産は必要となり、期間工の方々も必要です。

だから期間工の募集は再開するので、その点はご安心ください。

まとめ

以上が本日の内容になります。

以下、お伝えしたかったことのまとめになります。

  • 緊急事態宣言が解除されてもすぐに期間工の募集は再開しない可能性が高い
  • 日本の経済活動が再開しても海外の経済活動が再開しなければ期間工の募集も活性化しない可能性が高い
  • 8月頃に期間工の募集は再開すると予想
  • トヨタの動きに注目せよ
  • 期間工の募集は必ず再開する

 

期間工のミカタもツイッターなどで、期間工募集再開の情報発信等は行っておりますので、まだフォローしていない方はぜひフォローをお願い致します!

期間工のミカタ_ツイッターはこちら!

 

5/5 (1)

レビュー評価をよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です