期間工とスバルやマツダで最近流行の選考参加費について鬼解説

記事上トップリンクバナー

皆さんこんにちは期間工のミカタのシゲキックスです。。。シゲキです。

ぺったん君
は??

(すいません)

期間工の皆さんはストーンヘンジという岩をご存知ですか?

ストーンヘンジ

ストーンヘンジは紀元前2500年から2000年前に作られたとされる環状列石(ストーンサークル)です。イギリス南部にあり高さ6~7メートルもの巨大な岩です。

世界各国にあるこの岩ですが不思議なのがストーンヘンジに使用されている巨石は、現場からおよそ400キロ以上離れた山脈から切り取られていることです。つまりどうやって運んだのかが全くわかっていません。

謎だらけ。ストーンヘンジの存在

進撃の巨人のように実は人類の一部は過去に巨人化できて岩を運び、その後記憶を操作されて忘れてしまっているとかならロマンがありますね!

それでは本日も期間工の皆さんに進撃の情報をお届けします。

本日のインデックスです。

期間工と待遇と最近流行の選考参加費について

先輩とワイ

ムムム?これは一体どういうことですかね?(↑の画像のことではありませんww)

最近流行?一体全体どういうことでしょうか。

ではこちらをご覧ください。

スバル期間工選考参加費○万円支給

おぉ。

日総工産スバル期間工

おお!

はたらくヨロコビスバル期間工

おおおおおおおおおお!

期間工.jpのスバル期間工の広告

マツダ期間工選考参加費○万円支給

そしてこちらもどうぞ。

日総工産-マツダ期間工

おおマツダ!

mantoman-マツダ期間工

マツダ!

マツダ期間工-期間工jp

マツダ様ー!!!

ぺったん君
頭大丈夫?

(すいません汗)

さて↓今回はスバルとマツダ期間工の選考参加費について解説していきます。

そもそも選考参加費とは何か?

誰がもらえるの?いつもらえるの?

支給される条件は?

などみなさんが持つ疑問に全てお答えしていきます。

また別視点でどういった背景で求人サイトがこれらのプロモーションが打ち出されているのかについて詳しく解説していきたいと思います!

2016年の時点ではアウトソーシング社から出ている選考参加費は5万円でしたが2018年では2倍の10万円に上がっています。

期間工.jpのマツダ求人

株式会社アウトソーシングでは以前からもマツダの期間工で選考参加費5万円を出していましたね。

(2016年のマツダ期間工の入社祝い金)

マツダ期間工-期間工jp

( 2018年のマツダ期間工の求人-株式会社アウトソーシング)

今では選考参加費が2倍の10万円に跳ね上がっていますww

ちなみに、日総工産を通じて応募したスバル期間工の面接に関しての情報を知りたい方はこちらの記事に体験談が書かれています。

期間工と日総工産とスバルの面接申し込みの体験談とレビュー

(選考参加費の情報もリアルに面接を受けた方の体験談なので画像付きで解説しています。)

選考参加費を出しているスバル期間工の求人を過去のものと比較

期間工の疑問

2016年の前半までは選考参加費などはなく入社祝い金のみでの求人が多かったのですが突然選考参加費というものが現れました。

しかし2018年時点でも選考参加費を使っているメーカーは一部のみです。

中でもスバル期間工とマツダ期間工は選考参加費が積極的に支給されるメーカーなので重点的に仕組みや応募に当たっての注意点を解説します。

まずはスバル期間工を募集している人材会社ごとにいくらの選考参加費を支給しているのかと具体的なルールをご説明していきます!

期間工.jp | アウトソーシング

期間工の求人No,1の王者である期間工.jpの親元であるアウトソーシングがスバル期間工の求人を出しています。

2016年時点でも期間工.jpはスバル期間従業員に選考参加費で7万円を出していて2018年時点でも同じく7万円の選考参加費を提示しています。

期間工.jpのスバル期間工の広告

しかし2018年時点では入社祝い金の金額が大きく異なっています。

期間工jp|スバル期間工の求人

( 2017年時点でのスバル期間工の求人)

具体的には入社祝い金が2016年は10万円だったのが2017年には18万円にアップしていてさらに5万円分の手当も追加され合計で30万円が支給されます!

スバル期間工

(2018年時点でのスバル期間工の求人)

そして2018年には一気に待遇が上がり入社祝い金が33万円支給で選考参加費が7万円の合計40万円です!

ぺったん君
すげーー!

2年前までは合計で17万円だった入社祝い金などの手当が今では40万円に上がっています。

スバル期間工に応募する場合、選考参加費だけではなく入社祝い金にも目を向ければより多くの手当が支給されます!

詳しくはこちらの記事をご覧いただければ幸いです。

【徹底比較】期間工とスバルと入社祝い金が大変なことになっている

行け!日総工産のスバルの求人

日総工産スバル期間工

さぁ日総工産も負けてはいません。

選考参加費などの金額は期間工.jpと同じです。

あとは求職者の方々がどちらの求人を選ぶかですね。

日総工産もまた期間工.jpと同じ2017年2月時点では入社祝い金の支給額が10万円で選考参加費が7万円の合計17万円でした。

日総工産-スバル期間工

しかし今は上の画像の通り、21万円の特典が付くようにバージョンアップしています!

プラス2,000円のQUOカードですw

期間工.jpと比較するとやや入社祝い金などの待遇が劣っていますね。

それでも日総工産は期間工.jpを運営するアウトソーシング社に劣らないほど大きな企業です。

期間工のミカタでも左下の画面にわけのわからない(わけはわかりますね)なんだか奇妙なゆらゆら画像が出ていますが

スバル期間工

↑これ笑

(昔の期間工のミカタのトップページです。今はバージョンアップしてますww)

日総工産さんでもトップの画面左下にQUOカード2000円がちらついています。

かわいいですね。

なんだか親近感がわきます。

ぺったん君
過去に期間工のミカタの中の人間が言った戯言だ。気にしないでくれ。。

どちらにせよ一回人材会社での登録会が必要なのは日総工産さんも期間工.jpも同じなので、差別化できるポイントを考えるのが必要かもしれないですね。

日総工産-スバル期間工

日総工産も期間工.jpに負けじと期間工の求人を出していますね。

アウトソーシング社と同じくらい規模が大きいので資金力もあるし7万円出してもまぁ結果オーライなのかもしれませんね。

ManToMan株式会社の求人を過去と現在で比較

こちらの画像は「スバル期間工」で検索した時に表示されるリスティング広告です。

スバル期間工のリスティング広告

「急募/スバル期間工。最大17万円支給」や「スバル期間工募集。当社限定特典17万円支給」など多くの広告が出ていますね。

実はこの中で唯一Man To  Man様の広告だけが「選考参加費7万円」というプロモーションを売っていませんね〜。

スバル期間工の求人|mantoman

これはなぜでしょう?

 

これは推測するに企業規模です。

期間工.jpを運営するアウトソーシング社は国内外にも支店をもつスーパービックカンパニーです。

アウトソーシングの海外ブランチ

そりゃ7万円の選考参加費をキャッシュバックしても全然痛くないですね。

日総工産さんはどうでしょう?

実は日総工産も歴史ある企業で、新横浜に自社ビルを持ってます笑(でっかいでっかい)

期間工と日総工産とスバル面接行ってきた

(あぁ一度でいいからこんな素敵なビルで働いてみたいなぁ〜)

もともと選考参加費は日総工産さんや期間工.jpさんがはじめた特典ですね。(どちらが先かまではわかりません。)

しかしこの選考参加費がないことで得する人もいます!

その理由は後ほどお伝えします!

そしてMantoMan株式会社が提示する2017年と2018年の入社祝い金を比較してみましょう!

ManToManスバル期間工の求人

こちらは2017年時点で掲載していたスバル期間工の求人です。

選考参加費はなく入社祝い金で30万円でした。

mantoman-スバル期間工2

mantoman3-スバル期間工

そして今は選考参加費が7万円の入社祝い金が33万円で合計40万円ですね!

これは期間工.jpと同じ待遇に進化しています!

スバル期間工の求人を過去と現在で比較する意味

ここまでは過去のスバル期間工の入社祝い金や選考参加費を現在と比較しました。

ここで注目していただきたいポイントはスバリ「採用にどれだけ力を入れているか?」です。

ズバリ高水準で入社祝い金を支給している企業は採用にとても力を入れているので安心して応募ができます。

また「上がり幅」も重要です。

例えばもともと入社祝い金が10万円だったのが一気に30万円になった!

など上がり幅はこれからもさらに上がる可能性のある求人サイトで採用に力を入れている証拠となります。

期間工のミカタでは色々な求人サイトのデータを持っているのでもし一番お得にスバルに入社したい!って方がいたら個別に連絡お待ちしています!

選考参加費をもらう条件

ではそもそもの疑問として「選考参加費って何?」なんで入社祝い金と分けるの?違いは?の部分についてです。

まずそもそも選考参加費というのは「選考に参加したらもらえる手当金」のことです。

なので選考に参加した時点で支給されます!

以前期間工のミカタに問い合わせがあったのは

期間工のミカタさん!

某求人サイトを通じて応募したのですが一向に選考参加費が振り込まれません!

どうなってるんですか?

と言う問い合わせがありました。

とりあえず期間工のミカタに言っても何も始まらないので人材会社様へ連絡してみてください!とアドバイスしたところ、手続き上のミスでなぜか振り込まれなかったようです。

とまぁこんな会社側のミスもあるので振り込まれない場合はきちんと会社へ確認してみましょう!

確認するのは支給してくれる会社へです。

入社祝い金がメーカーから支給されるならメーカーへ。

人材会社から支給されるなら人材会社へ確認してみましょう!

そして前提として「期間工として働く意欲がある方限定です。」選考参加費目当てで面接に行く人はおそらくもらえません。(当然ですね。)

これは日総工産を通じてスバル期間工に応募した方も同じことを言っています。

期間工と日総工産とスバルの面接申し込みの体験談とレビュー

そして一回もスバル期間工として就業したことのない人です。

これは以前期間工.jpや工場ワークス,Man To Manなどの求人媒体から申し込んだことのある人も含まれます。

簡単に言うとスバル期間工の未経験者のみということです。

ぺったん君
え?そうなの?

そうです。

選考参加費は以前すでにスバル期間工の面接に参加していたら支給されません。

以下で詳しく解説します。

選考参加費っていつもらえるの?

そしてきになるいつ頃選考参加費ってもらえるのか?

これは会社にもよりますが、基本的にはメーカーの面接後1週間から10日で支給されます!

もし3週間経っても振り込まれない場合は人材会社へ確認してみましょう。

選考参加費をもらうための注意事項

「おぉ、スバルの期間工ってよくわからないけど、お金もらえるの?行こっかなぁ〜」

「とりあえず、履歴書とか書いててきと〜に面接すれば良いんでしょ?」

↑絶対にNGです。

あくまでスバルの期間工になりたい方や、期間工として就業しようと考えていて、その選択肢の中にスバルの期間工が含まれている方でないと人材会社側にも迷惑なのでやめましょう。

期間工のミカタでもきちんと呼びかけています。

まとめると選考参加費をもらえる条件は以下の通りです。

選考参加費ゲットの条件
1.スバル期間工に一回も応募したことがない(別の求人サイトから応募したことがある場合もNG。バレますw)
2.とにかくスバルならスバル。マツダならマツダの面接に参加する(合否に関わらずもらえます。)

なのでスバル期間工のリピーターの方は選考参加費がなく入社祝い金のみの求人サイトを利用した方が良いかと思います!

ではスバルの期間工を募集していて入社祝い金のみで募集をしている求人サイトはどれか?

期間工のミカタがオススメするのはこちらの期間従業員公式サーチです!

期間従業員公式サーチ-スバル期間工

入社祝い金の金額は30万円ですが、選考参加費を抜くと他のサイトと同じ水準の手当金です!

QUOカードの支給や交通費前払いなどの制度もあるのでぜひ応募してみてください!

応募へ

電話する

応募に当たっては本当に信頼できるサイトかどうかはこちらのレビューをご参考にお願いします!

期間従業員公式サーチレビュー閲覧ページ

スバル期間工を募集する裏事情

結論からお伝えすると圧倒的な人手不足です。

期間工を募集する自動車メーカーでも期間工の不足はどのメーカーも同じ状態ですが、そこまで予算をかけないため施策などを売っていない状態なのだと思います。

期間工のミカタでは今回の選考参加費を見てスバル期間工は全然人が足らないと考えています。

理由としてはわざわざ選考参加費などの手当金まで支払って人集めをする動機としては十分すぎるからです。

普通なら入社祝い金や就業祝い金などでプロモーションを打ち出しています。

しかし期間工.jpをはじめMantoMan株式会社などが選考参加費を支給というのはスバル側も色々と事情があり、人材会社に急遽お願いする形で人を集めているのでしょう。

過去のマツダ期間工と同じですね!

それにしてもすごい資金力ですね。

選考参加費はスバル側が出しているわけではなく、人材会社が出していますからでかい会社でないとできない施策ですね。。。(たぶん)

結果的に求職者の方々に特典が還元されているので、期間工を応援している期間工のミカタにとっても嬉しいことではあります。

しかし人材会社もスバルからお金をもらって人集をしているわけなのでこれだけお金つかって人集めするとなると新入社員(正社員)を採用するレベルですね。

企業が新卒採用に投じる「1人50万円」の中身

(参照:東洋経済オンライン)

また別にスバル期間工の入社祝い金だけを比較した記事もあります。

【徹底比較】期間工とスバルと入社祝い金が大変なことになっている

入社祝い金が一気に跳ね上がっていることを示唆している記事です。

まとめるとまだ期間工をしたことがなくてどこかの工場で働こうかとお考えの方がいましたらスバルの期間工がオススメかもしれません。

めちゃくちゃ募集をかけているので今なら面接も通りやすいかもしれませんね。

かつスバルの場合はよければその場で面接の合否がでます!

スバル期間工の面接に関することならこちらをどうぞ。

パーフェクト面接ガイドがございます。

期間工とスバルと面接ガイドブック

マツダ期間工の選考参加費について

ではスバルに続いてマツダ期間工の選考参加費を見ていきましょう!

マツダも多くの求人サイトで選考参加費を支給しています。

そしてその支給額はスバル期間工よりも多いです!

スバルはここ2年間で選考参加費は変わらず入社祝い金が上がりましたが、マツダ期間工の場合は入社祝い金が2倍に跳ね上がっています!

ではどの求人サイトが選考参加費を支給していて、どのサイトから申し込むのがベストかを見ていきましょう!

また入社祝い金の比較についてはこちらの記事で最強に詳しく丁寧に解説しているのでぜひご覧いただければ幸いです。

期間工とマツダと入社祝い金や選考参加費などを比較してみた

選考参加費を出しているマツダ期間工の求人を過去のものと比較

ではスバル期間工と同様にマツダでも過去の求人と現在の求人を比較してみましょう。

期間工.jp

まずはじめはこちらの期間工.jpです。

マツダの採用にはとことん力を入れていて、安心して応募もできます。

ではまず2017年の手当金を見てみましょう。

マツダ期間工2017年2月以前の待遇

2017年は選考参加費が5万円で金額面だけみるとスバルよりも低かったです。

入社祝い金も25万円の支給でした。

しかし2018年には一気に選考参加費が増えました。

マツダ期間工-期間工jp

入社祝い金は10万円UPの35万円に増えて選考参加費も2倍の10万円になりました!

1年経つだけでこれだけ大きく待遇が変わったのはマツダくらいです!

この背景には人手不足が関係していると思います。

期間工.jpから応募すればしっかりとしたアドバイザーの元で面接に望めるはずです!

仮に合格できなくても他の良い求人をご紹介していただけると思います!

日総工産

日総工産のマツダ求人

次にこちらも大手企業の日総工産です。

日総工産も期間工.jpと同様に以前からマツダ期間工の募集を行っております。

2017年の選考参加費は5万円の入社祝い金が25万円で合計30万円の支給でした!

しかし今は大きく待遇も変わりました。

日総工産-マツダ期間工

入社祝い金などの合計の内訳をみると45万円にUPしています!

しかし内訳をみると選考参加費が2万円の入社祝い金が43万円に変わっています。

おそらく選考参加費目当てで応募してくる方が多くいたので待遇を下げたのだと思います。

期間工のミカタにも以前このような方からコメントがあり人材会社様に報告した例もあります。

【悪用しないで!】期間工とマツダと入社祝い金ぼったくり事件

きちんと働く意欲があって応募する方もいるので絶対にやめましょう。

入社祝い金のみの求人

スバルと同様にマツダ期間工に応募する場合でも「過去に一度でもマツダ期間工で就業したことがある方、あるいは応募したことがある方は選考参加費がもらえません」

これは上記のスバル期間工の記事を読んでいただければわかると思います。

↑超重要文なのでしっかり読んでいただければ幸いです。

しかし中には選考参加費なしで入社祝い金のみの求人を出している人材会社もあります。

マツダ期間工のリピーター(過去に一度でも応募したことがある方)はこちらの求人サイトから申し込んだ方が手当金の支給額が多くなる場合があります!

なので以前マツダ期間工に応募したことがある方向けに「入社祝い金のみ」で募集している求人サイトをご紹介いたします!

期間従業員公式サーチ

マツダ期間工-期間従業員公式サーチ

まずはこちら!期間工のミカタでは何度もご紹介させていただいている期間従業員公式サーチ。

他の求人サイトと違う点はメーカーへ直接応募が可能なところ。

直接応募とは?

メーカーへピンポイントで応募が可能なので「このメーカーへ行きたい!」という方にはぴったりです!

入社祝い金も40万円が支給されるので以前マツダ期間工へ応募したことがある方はこちらから応募した方が特になります!

面接の回数が1回だけなので、スムーズに就業できてすぐにお金を稼ぐことができます!

応募へ

 

MantoMan株式会社

mantoman-マツダ期間工

そしてお次はMantoMan株式会社です。

こちらも何度も期間工のミカタでご紹介している企業様です。

MantoMan株式会社様は入社祝い金は期間工.jpと同じ45万円ですが、選考参加費がないのでマツダ期間工のリピーターの方はこちらから申し込んだ方がお得です!

企業規模こそ期間工.jpや日総工産ほど大きくはありませんが、その分ひとりひとりと密にコミュニケーションをとってアドバイス、サポートをしてくれるので安心して応募ができます!

まとめ

以上がマツダ期間工とスバル期間工の選考参加費に関するまとめになります。

またマツダ、スバルの入社祝い金について「どのサイトから申し込むのが一番お得なのか?」を知りたい方はこちらの記事で解説しています!

【徹底比較】期間工とスバルと入社祝い金が大変なことになっている

そしてこちらがマツダ期間工の入社祝い金についてです。

期間工とマツダと入社祝い金や選考参加費などを比較してみた

「採用に力を入れている求人サイト」を徹底的に比較しているので、「安心」と「信用」できる求人サイトのみを比較しています!

レベルの高いサイトが集まっているのでぜひ一度ご覧になっていただければ幸いです。

 

それでは期間工の皆さん本日も良い1日を!


source :謎だらけ。ストーンヘンジの存在 企業が新卒採用に投じる「1人50万円」の中身

Reference of pic:スバル期間工の求人 | 期間工.jp,スバル期間工の求人 |  日総工産,スバル期間工の求人 | はたらくヨロコビスバル期間工の求人 | Man To Man

レビュー評価をよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です